トップページ >> VVVF >>

MITSUBISHI ELECTRIC ・ SiC-VVVF
▼ 東京地下鉄15000系 15806−15906 New!
01系第37編成でSiCパワーモジュールを適用したVVVFを試験的に搭載していましたが、これを1500Vに対応したタイプとして2013年1月から15000系15106Fの15806−15906ユニットに搭載しています。走行音は非常に静かで、特に非同期モードはよく聞いていないと分からない程です。このインバータをベースとし、2016年に登場した9000系更新車のSiCインバータよりも静かで、同期モードに変わる部分も音の変化はほとんど感じられません。なお、このインバータを搭載した15106Fは15506号車では三菱製のPMSM駆動用VVVFを試験搭載しており、1編成で3種類のインバータを楽しめるかなり特殊な編成となっています。

>>走行音(15806) 128Kbps RA10

収録区間:中央線 荻窪→西荻窪

>>走行音(15806) 128Kbps RA10

収録区間:中央線 西荻窪→吉祥寺

>>走行音(15906) 128Kbps RA10

収録区間:東西線 落合→中野
制御装置:(1C4M)
▼ JR東日本E235系量産先行車
2015年11月から営業運転を開始したJR東日本の次世代車両です。山手線にはE231系以来、13年ぶりの新型車両となります。TIMSに代わる新たな列車情報システム「INTEROS」を導入しましたが、不具合が頻発した影響で数ヶ月間営業から退いて改修を行い、2016年3月から再び営業に復帰しています。VVVFは量産先行車ということでメーカーの比較が行われ、2〜3号車と5号車には東芝IGBT(ハイブリッドSiC)、6号車と8〜9号車には三菱SiC(フルSiC)がそれぞれ搭載されています。どちらのメーカーのVVVF装置も、一昔前のIGBTと比べると半分程度の大きさとなっており、技術の進歩を実感させられます。三菱電機は国内メーカーで唯一フルSiCのVVVFを実用化しており、小田急1000形更新車や北神急行7000系更新車などで実績があります。E235系の場合、今までにない音程の非同期モードがとても特徴的で、同期モードに移行する際の音に「次世代」を感じざるを得ません。

>>走行音(モハE234-1) 128Kbps RA10

収録区間:山手線 日暮里→西日暮里

>>走行音(モハE234-1) 128Kbps RA10

収録区間:山手線 西日暮里→田端

>>走行音(モハE235-1) 128Kbps RA10

収録区間:山手線 品川→田町
制御装置:SC104(1C4M)
▼ 東京地下鉄9000系更新車
1991年の運行開始から24年が経過した9000系1次車では、2016年から主回路装置の更新や内装のリニューアルを実施する「B修繕」が行われています。第1編成目は三菱GTOであった9105Fで、2016年8月から営業運転を開始しました。主回路装置は三菱のフルSiCを採用し、今まで4M2Tであった編成はM車が1両削減されて3M3Tとなりました。音はJR東日本E235系にそっくりで、高めの非同期モードと同期モードに移る部分の音が特徴的です。日立GTOであった9103Fも更新されましたが、一貫して9105Fと同じ三菱フルSiCとなっています。

>>走行音(9105F・9205) 128Kbps RA10

収録区間:南北線 市ケ谷→飯田橋

>>走行音(9105F・9205) 128Kbps RA10

収録区間:南北線 西ケ原→王子

>>走行音(9105F・9205) 128Kbps RA10

収録区間:埼玉高速鉄道線 川口元郷→南鳩ヶ谷

>>走行音(9105F・9605) 128Kbps RA10

収録区間:埼玉高速鉄道線 鳩ヶ谷→南鳩ヶ谷

>>走行音(9105F・9605) 128Kbps RA10

収録区間:埼玉高速鉄道線 南鳩ヶ谷→川口元郷

>>走行音(9105F・9705) 128Kbps RA10

収録区間:南北線 志茂→王子神谷

>>走行音(9105F・9705) 128Kbps RA10

収録区間:南北線 王子神谷→王子

>>走行音(9103F・9603) 128Kbps RA10

収録区間:埼玉高速鉄道線 南鳩ヶ谷→川口元郷
制御装置:(1C4M×2群、1C4M)
 
Copyright(C) 鼎(Kanae) All Rights Reserved.